名刺管理システムにより名刺情報の電子化|営業活動を効果的に行う

メンズ

営業日報の課題

PCを操作する男性

企業において、営業部門に属する営業担当者というのは日々営業活動を行っています。また、営業担当者は営業活動の後には必ず、営業日報を記帳する必要があるでしょう。営業日報というのは、その日に行った営業活動の内容を記帳する日報で、マネージャーによって管理されます。多くの場合、営業日報はメールや表計算ソフトにて記帳・管理されているでしょう。しかし、そういった記帳・管理方法では、営業日報を最大限に活用することはできません。営業日報を最大限に活用したいと考えているのであれば、CRM/SFAを導入することをお勧めします。
CRM/SFAというのは顧客関係情報の管理等、営業活動を支援するための機能が詰め込まれたシステムです。営業日報に関する機能も備わっており、このシステムであれば効率的且つ効果的に日報管理を行うことができるでしょう。CRM/SFAにおける営業日報というのは、メールや表計算ソフトで記帳・管理されていた営業日報とは異なり、非文章形式の日報となります。非文章形式というのは、日時・顧客名・商品・担当者名といった項目に分かれた記帳方法で、入力する内容が決まっています。そのため、文章形式の営業日報に比べ容易に記帳することができるのです。その内容を確認するマネージャーにおいても、記帳される内容の形式が統一化されることによって、現場の状況をより鮮明に把握することができるようになるでしょう。また、案件報告や会議資料においても、CRM/SFAであればそのまま流用できるため、同じ内容の報告を何度も行う必要がなくなります。