名刺管理システムにより名刺情報の電子化|営業活動を効果的に行う

オフィス

営業日報の課題

PCを操作する男性

メールや表計算ソフトを用いて記帳・管理される営業日報の情報というのは、活用の難しいものです。CRM/SFAを導入することで、その情報を最大限に活用することができるようになるでしょう。

More Detail

社内文書の管理方法

ハンコと書類

社内文書の管理方法について検討する際には、契約書管理システムを導入するといった方法がお勧めです。契約書管理システムであれば、ペーパーレス化や情報の効果的な活用を実現することができるでしょう。

More Detail

広告を代行するメリット

女性

リスティング広告を自社で保守・運用せずに、代行業者に保守・運用を任せるメリットというのは知識と経験の差にあります。代行業者は知識と経験が豊富なため、より効果的な保守・運用のノウハウを知っているのです。

More Detail

効率的で効果的な管理

名刺交換

日本国内に数多く存在する企業の中には、名刺管理について悩みを抱えている企業が少なからずいるでしょう。名刺というのは営業活動を行う企業において、日々増えていくものです。名刺の数が膨大になると、その管理は煩雑で手間の掛かるものとなります。また、名刺管理に必要となるスペースも広いものとなるでしょう。場合によっては、オフィスが圧迫されることになるかもしれません。名刺管理システムを導入することで、その問題を解決することができます。
名刺管理システムというのは、名刺情報をシステムのデータベースに登録することで電子化するシステムです。名刺情報をデータベースに登録するといっても、1文字1文字打ち込む訳ではありません。製品によって異なりますが、スマートフォン等のカメラ機能を用いて名刺に記載されている文字を抽出し、半自動的にデータベースに登録することができるのです。また、データ化代行業者に依頼することで、全名刺のデータ化を任せることができます。名刺管理システムによって名刺情報がデータ化されると、今まで保管していた紙媒体の名刺は不要になります。管理のために使用していたスペースを開放することができる他、管理コストも削減できるでしょう。また、データ化された名刺情報はシステムを介していつでもどこでも閲覧することができるのです。検索機能を用いれば、必要な名刺情報を簡単に引き出すこともできるでしょう。つまり、名刺情報を今まで以上に有効活用することができるようになるのです。